独りよがり酵素ドリンク
*
ホーム > サプリメント > コラーゲンは意外に過剰摂取の心配が高い成分

コラーゲンは意外に過剰摂取の心配が高い成分

カルテノイドは天然の色素成分であり、水には溶けにくく、油に溶けやすいという性質があります。

 

動物や植物、微生物において700種類以上ものカルテノイドが確認されていると言われますが、それらは人間の体に良いはたらきをしてくれます。

 

しかし人間は自ら体内で生成することができませんので、多彩な野菜を積極的に食べるように心がけましょう。慎重になるべきなのは知らない間に過剰に取り過ぎる場合があります。

 

よくあるのは、コラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)などの美容成分は、さまざまな健康食品にふくまれていて、多数のサプリを使用していると、成分が重なっている可能性があります。

 

 

たとえばプエラリア抽出物のように時に悪い影響を持たらす可能性のある成分もあるので成分は確かめてから使用しましょう。

 

 

ビタミンB群は8種類のビタミンBを総合した呼称で、8種類をともに摂取することでより効果が上がる特性があります。

 

 

 

疲労回復のビタミンB1を始めとして、細胞の代謝を促進指せるビタミンB2、タンパク質からエネルギーを創り出すタミンB6、赤血球を増量し脳神経を正しく機能指せるビタミンB12など、それぞれ効果は違いますが需要です。健康食品には病院でもらう処方箋の薬と併用すると薬の効き目を弱めてしまう現象が起こることもあるので薬を使用している時は服用前にちゃんと医師の確認を取ることも重要です。

 

中でもカルシウムと強心薬、マグネシウムと骨粗鬆症の薬など、このような飲み合わせはしないよう、確認しておきましょう。ナットウキナーゼの含有量が多いサプリこちら

 

 

 

ビタミンDは骨密度を上げて、食べ物からカルシウムが吸収されやすくなるようにサポートしたり、骨や歯まで達するはたらきがあります。血液中のカルシウムが足りない場合は、ビタミンDが骨からカルシウムを取り出し血液へと流します。ビタミンDは食べ物から取り入れるほか、太陽光に浴びることによっても生産されます。

 

辛みの成分は硫黄化合物の1つです。

これは多彩な野菜にもふくまれていますが、アンチエイジングや生活習慣病の予防などに効果があるとのことです。他にも強力な殺菌効果で、乳酸菌は口臭を抑えるはたらきがあるという見解を示すサイトの方が多いようで、乳酸菌が口臭を発生指せるという記事は逆に見当たりません。

 

一応「生じる」という方にもリライトしましたが、口臭に効果ありというリライトも赤字で掲載しておきました。

 

→→→口内の善玉菌を増やして口臭対策もできるようですリンは骨や歯の元となり、エネルギーを産出に関わったり、細胞膜の脂質で働いたり、脳や神経の動きを助ける効果があります。

リンが不足すると筋肉や神経の病気になる可能性があります。

 

反対にインスタント食品に多くふくまれるリンは取り過ぎになりやすく、骨粗鬆症や腎臓病の原因となります。健康茶で便秘に効果が有ると言われるものに、水溶性の食物繊維がたくさんふくまれているギムネマ茶やマテ茶があげられ、ビタミンCのはたらきで便を軟らかくしたり、善玉菌のはたらきを助けてくれるローズヒップティーなどもあげられます。

食事の際にこれらのお茶を飲むようにすると不快な便秘の改善に効果的と言えます。


関連記事

疲労回復の乳酸菌とビタミンBのセット
乳酸菌はオリゴ糖やブドウ糖をエサにして乳酸を作る細菌の総称となります。食物が腐敗...
コラーゲンは意外に過剰摂取の心配が高い成分
カルテノイドは天然の色素成分であり、水には溶けにくく、油に溶けやすいという性質が...